LESSON募集 / CONTACT(under construction) / PROFILE(under construction)

演奏前のギターのウォーミングアップ


演奏前のウォーミングアップを説明しました!
演奏する前の指鳴らしや、
ライブ前にどれくらい緊張しているかを図ることのできるフレーズです。
運指が難しいですが、指が滑らかに動くようになるフレーズですので、ぜひ練習してみてください!

カントリーロードを弾こう!ギャロッピング風のフィンガーピッキング!



カントリーロードを弾こう!
動画の演奏ではギャロッピング風のフィンガーピッキングで演奏しています。
親指でベースラインを動かし、人差し指と中指で高音を演奏する方法です。


パターン1

まずはベースラインの動きを演奏するために親指だけで弾いてみます。Aコードの時は5、4弦と交互に弾き、Eコードの際は6、4弦を親指で交互に演奏します。この時にブリッジ付近に右手の小指側を乗せ、ブリッジミュートします。ブリッジミュートすると音程感は出つつも、ミューテッドされた音が出るので、小気味の良いベースラインを演奏することができます。

パターン2

次のパターンは先ほどのベースラインに中指と人差し指で高音のラインを交えたパターンになります。少し音が増えただけですが、かなり難易度が高くなりますので、ゆっくり練習してみてください。難しい場合は人差し指だけ足した場合、中指だけ足した場合を練習すると引きやすくなると思います。

パターン3

最後は今回の動画の演奏で使っているパターンです。ベースラインはこれまでのまま、中指と人差し指の高音のラインが増えています。このパターンを弾けるようになったら、4、5、6弦をブリッジミュートすると、低音はミューテッドされた音、高音はそのまま鳴り、まるでギター2本で弾いているような分離感を作り出すことができます。ソロギター演奏などでも使えるテクニックですので、ぜひ覚えてみてください!

---------------------------------------------
ギターレッスンを開講中!
初心者の方を対象にした、簡単で楽しいレッスンや一歩進んで上手くなりたい中級者、さらに理論などを学びたい上級者の方など幅広く教えています!
詳しい詳細を知りたい方やお申し込みの方は、こちらをご覧ください!

POPSの16ビートのコードストロークを弾いてみよう!【ドライビングミュージックの名曲、中央フリーウェイ】

■今回の練習の目的は?
荒井由美の名曲、中央フリーウェイを題材に、16ビートのストロークに挑戦してみましょう!目標はイーヴンなタイムで音のそろったオルタネイトストロークが出来るようになる事です!

■中央フリーウェイとは?
中央フリーウェイは荒井由実の楽曲で、軽快なカッティングのギターとグルーヴィーなベースの映えるドライビングミュージックです。
参加ミュージシャンは荒井由実、ギターに鈴木茂、松原正樹、キーボードに松任谷正隆と日本の代表するスタジオミュージシャンが揃い、ドラムにマイク•ベアード、ベースにリーランド•スクラーが参加しています。
リーランド•スクラーはジェームス•テイラーなどのアメリカン•ポップスの演奏に数多く参加する人気スタジオミュージシャンで、この楽曲でもカッコ良いベースを聞かせてくれています!
このそうそうたるメンツがそろったこの楽曲はシングルカットこそされていませんが、時を超えて今なおカバーされる曲です。



■ストロークパターンを演奏してみよう!
さてギターの演奏面ですが、中央フリーウェイはR&B寄りのポップスの16ビートの練習にはもってこいの楽曲です。フォーキーなストロークとは違った、グルーヴィーなストロークを目指しましょう!
この曲のドライブに最適なグルーヴを再現するためにはきっちりイーヴンにストロークすることです。走るのはもっての他で、タイムにシビアに均一に弾けるとカッコ良いと思います。
ですのでまずは原曲で演奏されているカッティングではなく、イーヴンな16ビートのストロークを練習してみましょう!

今回のコード動画の左チャンネルから聴こえるエレガットのストロークパターンが左の図になります!このリズム譜を分かりやすくします!

分かりやすくしたのが左の図ですね。これにダウンピッキングとアップピッキングの情報を書き入れたのが下の図です。


16ビートのストロークの際はオルタネイトストロークで演奏していくのですが、弦を弾かない場所もしっかり空ピッキングして右手でタイムをとりましょう!

上記のコード表動画の左チャンネルではずっとこのパターンで演奏しています。まずはこのパターンを覚えてしまいましょう!

■拍頭を合わそう!
さて上記のパターンが弾けるようになったでしょうか?
それではここからが本番です。タイムの良いギタリストを目指すために、イーヴンなストロークをマスターしましょう!

イーヴンなストロークのために大事な事はまず拍頭を合わす事です。
先ほどと同じ左の図ですが、1,2,3,4拍目に丸印を付けてあります。

メトロノームを最初はBPM80くらいで鳴らして、そのなっているタイミングでしっかり拍頭を合わせましょう!
難しいのは3拍目、実際には弦をピッキングしない所ですが、たいていの場合はここでずれてしまいますので、しっかり意識して空ピッキングで合わせましょう!

■ダウンピッキングを合わそう!
上記の拍頭があってきたら、今度はメトロノームを2倍の160にして、ダウンピッキングを合わせていきます。
左の図の丸印の部分ですね。ここも弾く場所、弾かない場所とありますので、しっかり空ピッキングしていきましょう。

コツは16ビートの最小のビート16部音符を意識するために擬音化してしまう事です。僕の場合はターーン・タースタ・ンタター・タタタタと実際に口にしながら演奏するとダウンビートが合ってきます。(1文字が16部音符に相当しています)大事なのは2拍目の2つ目のダウンピッキングから続く3つの音、擬音で言うところのターーン・タースタ・ンタター・タタタタのスタ・ンの部分です。ここの空振りのを意識して弾くとドラムのような鋭いパルスの音が出て格好良く響くと思います!是非頑張って練習してみてください!

---------------------------------------------
ギターレッスンを開講中!
初心者の方を対象にした、簡単で楽しいレッスンや一歩進んで上手くなりたい中級者、さらに理論などを学びたい上級者の方など幅広く教えています!
詳しい詳細を知りたい方やお申し込みの方は、こちらをご覧ください!

5弦ルートのダイアトニックコード!

5弦ルートのダイアトニックコードのギターレッスン動画です!
まずはコードの押さえ方を覚えてみましょう。7つのコードが出てきますが、指の形は4つだけですので、マル覚えそれが出来るようになったら様々なリズムに乗せて、音楽的に演奏すると良い練習になります!

Imaj7
e|------------
B|--3---------
G|--2---------
D|--3---------
A|--1----------
E|------------

Imaj7は(ワンメイジャーセブンス)と読みます。Root、Major3rd、Perfect5th、Major7thの積み重ねで出来るコードです。4和音のセブンスコードは3度の堆積(Do,Mi,So,Ti等)で出来ます。Tonic(トニック)と呼ばれる機能を持ったコードで、安定した響きがします。JazzやR&Bでは始まりや終わりにこのコードに戻ってくる曲が多いですね。3和音主体のシンプルな楽曲で突然このセブンスコードが出てくると、複雑な響きに聞こえます。

IImin7
e|------------
B|--4---------
G|--3---------
D|--5---------
A|--3----------
E|------------

IImin7は(ツーマイナーセブンス)と読みます。これに対応するスケールはDorianスケールと呼び、Miles DavisのSo What (https://www.youtube.com/watch?v=zqNTltOGh5c)という曲で使われています。機能的にはSub Dominant(サブドミナント)の代理コードと呼ばれます。Jazz等で良く出るコード進行II-V-Iの出だしのコードですので、形で覚えてしまいましょう。

IIImin7
e|------------
B|--6---------
G|--5---------
D|--7---------
A|--5---------
E|------------

IIImin7は(スリーマイナーセブンス)と読みます。機能的にはTonic(トニック)の代理コードです。対応するスケール、フリジアンスケールはスパニッシュスケールに良く似ており、少しスペイン的な異国感がします。

IVmaj7
e|------------
B|--8---------
G|--7---------
D|--8---------
A|--6---------
E|------------

IVmaj7は(フォーメイジャーセブンス)と読みます。機能はSub Dominant(サブドミナント)です。 ダイアトニックで演奏すると、少し浮遊感のあるコードで、ビートルズの楽曲Eight Days a Week(https://www.youtube.com/watch?v=VadngOGKlP0)のサビではI-II7-IV-Iという進行の上で使われています。IVからIに解決する動きはサブドミナントケーデンスと呼ばれます。よくあるコード進行はIV-V-IやII-V-Iですが、こういったサブドミナントケーデンス、そしてIVの使い方はポップスに良く出てきます。

Vdom7
e|------------
B|--10---------
G|--8---------
D|--10---------
A|--8----------
E|------------

Vdom7は(ファイブドミナントセブンス)と読みます。機能はDominant(ドミナント)です。もの凄く不安定な響きで、Imaj7に解決したくなります。それはmajor3rdとminor7thの作るaug.4thの関係が作り出すトライトーンという音程がその不安定感を作り出します。その不安定感をmajor3rdを半音上に、minor7thを半音下に解決させる事によって、解決感を得ます。V-Iというドミナントモーションと呼ばれる動きは、そのトライトーンが解決される動きによって成り立っています。
またBluesの根幹を作るコードでもあるので、是非形で覚えましょう!

VImin7
e|-------------
B|--11---------
G|--10---------
D|--12---------
A|--10----------
E|------------

VImin7は(シックスマイナーセブンス)と読みます。マイナーキーの曲ではRootになるコードですね。とくに悲しい響きを持ったコードです。機能はTonic(トニック)の代理コードですが、Imaj7とは全く違った雰囲気を持つコードですね。IMaj7とVIm7のコードの関係はRelative Minorと言って、メジャーとマイナーの関係になります。do、re、mi...をDoから
弾くとメジャーキー、Laから弾くとマイナーキーになります。是非覚えてみてください!

VIImin7b5
e|-------------
B|--13---------
G|--12---------
D|--13---------
A|--12----------
E|-------------

VIImin7b5は(セブンマイナーセブンス・フラットファイブ)と読みます。機能はDominant(ドミナント)の代理コードです。特殊な響きを持ったコードですね。

ただいま東京荻窪のAcousphere Studioにてギターレッスンを行っています!
最寄り駅はJR中央線、丸ノ内線、荻窪駅。徒歩10分ほどです。
詳しくは下記よりご覧ください!
http://guitarstartup.blogspot.jp/2015/03/blog-post.html

ギターレッスンを開講しました!

ギターレッスンを開講しました!

初心者の方を対象にした、
簡単で楽しいレッスンや
一歩進んで理論などを学びたい方などを
対象としたレッスンとなっています。

ギターを持っていない方や
仕事帰りの方のために
ギターの貸し出しもやっておりますので
気軽にご利用ください。

完全個人レッスン制ですので
ゆっくり自分のペースで進められます。

Pops、ジャズ、ボサノヴァの曲などを
題材にレッスンをしていきます。

生徒さんのご希望、ご要望もお受けして
レッスン内容を変える事も出来ますので
安心して受講してください。

お茶を飲みながら楽しくレッスンしましょう。

タック・アンドレス的コードのアプローチ方法 / Chord approach #1 from Tuck Andress's Europe

Tuck AndressのEurope(https://www.youtube.com/watch?v=-lQclfJsix4)冒頭部分をコピーしました!

トップの2音はステイしながらベースラインがスケールライクに下って行くコンセプトがクラシカルに聞こえます。この部分を抜き出してその他のダイアトニックコードに当てはめて、コンセプト化してみました。
ジャズのイントロやアウトロに使えそうですので、是非コピーしてみてください!

Imaj7

El---------------------------------------------------------------------
Bl----------8-------8--------8---------8-----------8---------8-----
Gl-------5-------5--------5---------5----------5----------5--------
Dl----9-------7--------5---------------------------------------------
Al--------------------------------8---------7------------5------------
El-------------------------------------------------------------------8---

IImin7
El---------------------------------------------------------------------
Bl----------8-------8--------8---------8-----------8---------8-----
Gl-------5-------5--------5---------5----------5----------5--------
Dl----8-------7--------5---------------------------------------------
Al---------------------------------8---------6------------5-----------
El------------------------------------------------------------------8---

IIImin7
El---------------------------------------------------------------------
Bl----------8-------8--------8---------8-----------8---------8-----
Gl-------5-------5--------5---------5----------5----------5--------
Dl----8-------6--------5---------------------------------------------
Al---------------------------------8---------6------------4-----------
El------------------------------------------------------------------8---

IIImin7
El---------------------------------------------------------------------
Bl----------8-------8--------8---------8-----------8---------8-----
Gl-------5-------5--------5---------5----------5----------5--------
Dl----8-------6--------5---------------------------------------------
Al---------------------------------8---------6------------4-----------
El------------------------------------------------------------------8---

IVmaj7
El---------------------------------------------------------------------
Bl----------8-------8--------8---------8-----------8--------8-----
Gl-------5-------5--------5---------5----------5---------5--------
Dl----9-------7--------5---------------------------------------------
Al-------------------------------9---------7------------5---------------
El------------------------------------------------------------------8---

Vdom7
El---------------------------------------------------------------------
Bl----------8-------8--------8---------8-----------8--------8-----
Gl-------5-------5--------5---------5----------5---------5--------
Dl----8-------7--------5---------------------------------------------
Al-------------------------------8---------7------------5---------------
El------------------------------------------------------------------8---

VIImin7b5
El---------------------------------------------------------------------
Bl----------7-------8--------8---------8-----------8--------8-----
Gl-------5-------5--------5---------5----------5---------5--------
Dl----8-------6-----------------------------------------------------
Al-----------------------9--------8---------6---------------------------
El---------------------------------------------------------9---------8---

ただいま東京荻窪のAcousphere Studioにてギターレッスンを行っています! 最寄り駅はJR中央線、丸ノ内線、荻窪駅。徒歩10分ほどです。 詳しくは下記よりご覧ください!
http://guitarstartup.blogspot.jp/2015/03/blog-post.html

インターヴァル(Intervals)について!Diminished, double diminished and Augmented, double augmented。

dimnished interval
minor intervalとperfect intervalが半音変化すると(トップノートが半音下がるか、ボトムノートが半音上がる)左の譜面のようにdiminished Intervalsに変化します。

double diminished interval
diminished intervalが半音変化すると(トップノートが半音下がるか、ボトムノートが半音上がる)左の譜面のようにdouble diminished Intervalsに変化します。

augmented intervals
major intervalとperfect intervalが半音上がると(トップノートが半音上がるか、ボトムノートが半音下がる)左の譜面のようにaugmented Intervalsに変化します。

double augmented intervals
augumented intervalが半音上がると(トップノートが半音上がるか、ボトムノートが半音下がる)左の譜面のようにdouble augmented Intervalsに変化します。

人気の投稿